スポンサードリンク

2007年04月20日

税理士試験の試験科目について

税理士試験の試験科目は11科目あり、その中から必須科目を満たした5科目を選択します。

簿記論・財務諸表論が必須。所得税法・法人税法のどちらか必須です。その他相続税法、消費税法、酒税法、国税徴収法、住民税、事業税、固定資産税から選択となります。

税理士試験においては、科目合格制度という他の国家資格試験には見られない制度があります。一つの試験科目に合格すれば、その合格は一生有効という扱いですので、1年に5科目全部を合格しなくてもよいわけです。

税理士試験の合格率は、平成17年度試験で、合格者が1.9%、1科目合格者が15.4%、合計17.3%となっています。

posted by nwio at 19:42 | 税理士試験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。